Real-time Seamless Camera Transition

ZIGCAM, Entertainment, TouchDesigner, Sensor

現実とバーチャル空間をシームレスに行き来するカメラワーク

iPadの位置情報をカメラの映像と合わせてPCに送信できるiOSアプリ「ZIGCAM」を用いて、カメラがどの位置にいても、どんなタイミングでも、シームレスに現実とバーチャル空間を切り替えることが出来ます。
iOSアプリ「Scaniverse」を使ってオフィスのエントランスをスキャンして3Dモデルにしていて、Azure Kinectを使って人のポイントクラウドを取得しています。そのため現実世界にいる人の動きを、リアルタイムでバーチャル空間に映し出すことができ、現実とバーチャルの境目をより曖昧にしています。iPadとAzure Kinectの特性を活かすことで、少ない機材で現実とバーチャル空間を繋ぐことが出来ました。

CREDIT Developer : 細井砂太朗
TOP

Contact

TouchDesignerやUnityといったツールでのコンテンツ開発や、
機械学習やXRコンテンツ導入のご相談はこちら